ハワイ島での遊覧飛行ツアー・B&Bのスペシャリスト
SKYMERICA

スカイメリカは、ハワイ島(BigIsland)にて、セスナ機、ヘリコプターでの遊覧飛行ツアーを中心に アクロバット飛行ツアー、ハワイ諸島間のチャーター便のご予約を承っております。 その他オプショナル・ツアーや、ホテル、民宿(B&B)、コンドミニアム等の宿泊施設もご紹介。 並びに不動産売買業務もご提供しております。 スカイメリカは、皆様に Hawaii Island の不動産、そして楽しい観光とご旅行をお届けすることをモットーとしております。

ハワイ在住30年、ハワイ島を代表する、写真家・随筆家・アーティスト
「ニック加藤 (Nick Kato)」氏

ここでは、スカイメリカにもいろいろとご協力いただいております ハワイを代表する日本人アーティスト 「ニック 加藤 (Nick Kato)」 氏を ご紹介させていただきます。

ニック加藤 (Nick Kato)」 氏とは

ハワイ島を代表する芸術家 ニック加藤 (Nick Kato) 氏

写真家・随筆家・アーティストとしての ニック加藤 氏

ニック加藤 氏は、現在、フォトグラファー、エッセイスト、アーティストとして、エッセイや写真集等、多数のアートや作品を世に送り出してます。 特に30年に渡るハワイ在住の経験を生かし、知られざるハワイの自然や文化を題材にした作品が中心です。 さらに最近では、タヒチを題材に取り入れて、その活動範囲を精力的に広げています。

ホノカアの「バンブーギャラリー」

「バンブーギャラリー」の ニック加藤 (Nick Kato) 氏

現在、ニック加藤 氏はハワイ島北部の小さな街ホノカア(Honokaa)に在住し、 そのホノカアの街並みの一角に「バンブー ギャラリー (Bamboo Gallery)」というアートギャラリーをオープンしています。 また、自宅を「バンブー ギャラリー イン (Bamboo Gallery Inn)」という宿泊施設としても開放してハワイを愛するツーリストの皆さんとの親睦を図っています。

ニック加藤氏の情報発信基地 「トロピコリタン ネットワーク」

ニック加藤氏の数々の著作や写真等のご紹介や、太平洋の環境問題をテーマに、 ニック加藤氏ご自身での情報発信サイト「トロピコリタン ネットワーク (http://www.tropicolitan.net)」を構築中です。 こちらのサイトも是非ご覧ください。

ニック加藤 氏の経歴

1945年7月13日、疎開先の長野で生まれ、終戦後すぐに東京に戻り武蔵野で育つ。 学習院中・高等科卒業後、1968年、渡米。1973年カリフォルニア州立大学ロングビーチ校公園管理学科を卒業。 同年ハワイへ移住、その後、撮影コーディネイトをするかたわら、アロハレコード社を設立。 ハワイアン・ミュージックのプロモートにも力を入れ、多くのハワイ音楽を日本へ紹介する。 その他、ハワイ空間プロデューサーとして、音楽、アート、空間装飾など、トロピカルをテーマにさまざまなものをクリエートしている。 地球環境・リサイクル問題にも取り組み、太平洋から世界へメッセージを送り続けている。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
ニック加藤(Nick Kato)氏 と ジョシュア清水(Joshua Shimizu)

ニック加藤氏 と ジョシュア清水 の 2ショット

ニック加藤氏と当社スカイメリカ代表のジョシュア清水(Joshua Shimizu)のバンブーギャラリー入口での2ショットです。 ありがたくもスカイメリカもニック加藤氏よりいろいろとご支援をいただいております。

ジョシュア清水もパイロットという仕事柄、相当日焼けしているんですが、ニックさんの隣に並ぶと、なぜか色白に見えてしまいます。 この辺がハワイ在住キャリアの差でしょうか? 恐るべきニック加藤氏。

ニック加藤(Nick Kato)氏 の愛車 フォルクス・ワーゲン

ニック加藤氏 と 愛車 フォルクス・ワーゲン バス

これがニック加藤さんの愛車 フォルクス・ワーゲン バス。1970年代のモデルのようです。 ニック加藤さんの雰囲気、そしてホノカアの素朴な町並みにマッチしすぎるくらいマッチしてます。

写真をクリックして拡大写真を見るとわかりますが、 ルーム・ミラーには 首飾り とか お守り とかいろいろと掛かっています。

ニック加藤(Nick Kato)氏 の愛車 フォルクス・ワーゲンのエンジン

フォルクス・ワーゲン の エンジン?

メカニカル・エンジニアでもある当社スカイメリカ代表のジョシュア清水は、年代物のフォルクス・ワーゲンを目の前にして、 思わずエンジン・ルームを見せてもらってしまいました。
ちなみに、このエンジンは車体の後ろ側についていて、後輪駆動で走ります。いわゆるRR(リアエンジン・リアドライブ)車です。

バンブーギャラリー (Bamboo Gallery)

ハワイ島北部の小さな街「ホノカア(Honokaa)

ホノカア(Honokaa)

ハワイ島の北部、19号線(Mamalahoa HWY.)沿いに ホノカア という小さな町があります。

この19号線からの ワイピオ渓谷展望台(Waipio Valley Lookout) のある ククイハエレ(Kukuihaele) という集落へ続く240号線を少し行ったところに ホノカア の小さな繁華街があり、その一角に ニック加藤 氏が経営する「バンブー ギャラリー (Bamboo Gallery)」 (Yahoo地図) があります。

空から見てみると --ホノカアの航空写真--

ホノカア(Honokaa)の航空写真 拡大写真(77Kbyte)

これが、「バンブーギャラリー」があるホノカア周辺の航空写真です。 パイロットでもあるジョシュア清水が北側の海岸線上空より撮った写真です。 ちなみに、ジョシュア清水の操縦によるハワイ島一周遊覧飛行セスナツアーはこちらのページ をご覧ください。

航空写真の解説付き拡大図(77Kbyte)を見るとわかますが、ホノカアが緑に囲まれたこじんまりとした街であることがうかがえます。 240号線(Mamane Street)沿いのひときわ大きな緑の屋根の建物に「バンブーギャラリー」はあります。 ちなみに、バンブーギャラリーからMamane St を隔てた向かい側の薄茶色の屋根が「バンブーギャラリーイン」です。

19号線をワイメア(Waimea)方面からお越しの際は Plumeria St. を左折、ヒロ(Hilo)方面よりお越しの際は Pakalana St.を右折されると、一本目の大きな道がMamane St.です。

こちらに航空写真の解説なしの拡大図(71Kbyte)もあります。

「バンブー ギャラリー」の看板 拡大写真(37Kbyte)

ニック加藤氏ご自身に会える「バンブーギャラリー」

何と言ってもこの「バンブーギャラリー」はニック加藤氏ご自身が直接営業されています。 ということは、ここに行くといつでもニックさんに会えるということです。 実はこのバンブーギャラリーの店の奥にニック加藤さんのアトリエがあるのだそうです。

お店の営業時間は、基本的には「月曜より土曜までの午前10時から午後5時まで」となっております。 ただし、ニックさんも時々は留守にすることもありますので、その際はご了承ください。 また、長期取材旅行等へ出かける際はお友達にお店をまかせているそうなので、直接ニックさんに会えないこともあります。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
ニック加藤(Nick Kato)氏 の「バンブーギャラリー」外観

「バンブーギャラリー」の建物

これがバンブーギャラリーのある建物を地上から撮った写真です。いくつかのお店が入っていますが、建物中央の黄色い看板が「バンブーギャラリー」の看板です。 この写真の手前の道が240号線(Mamane Street)で、左手側へ行くと「ワイピオ渓谷展望台」、右側へ行くと19号線と合流してから「ヒロ(Hilo)」へと向かいます。

ニック加藤(Nick Kato)氏 の黄色を基調とした「バンブーギャラリー」店内

黄色を基調とした「バンブーギャラリー」の店内

バンブーギャラリーの店内は、竹を意識してか、黄色を基調とした色使いで統一されています。 店内には、ハワイや日本をモチーフとした絵画や写真、美術品を中心に陶芸品や民芸品、オブジェや小物が所狭しと並んでいます。

ニック加藤(Nick Kato)氏 の「バンブーギャラリー」店内左側の壁

「バンブーギャラリー」の絵画や写真

これはバンブーギャラリーの店内の入って左側の様子です。こちらの壁には、絵画や写真が多数掛けられています。 ちなみに、写真右手の壁に掛かっている写真は、ニック加藤氏ご自身の作品です。

ニック加藤 (Nick Kato)」 氏の 作品紹介

「B&Bハワイ」を紹介する ニック加藤 (Nick Kato) 氏

「バンブーギャラリー」では、ご自身の作品も

バンブーギャラリーでも販売している ニック加藤 (Nick Kato) 氏の本

ニック加藤 氏のエッセイや写真集等は多数出版されており、日本国内でも最寄の書店にてお求めになれます。 また、それらの作品をご自分のバンブーギャラリーでも販売しています。 ここではそのうちのいくつかをご紹介します。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
「B&B Hawaii」 ニック加藤 (Nick Kato)

B&B HAWAII

ニック加藤(著), 価格:¥1,575(税込)

ニック加藤氏 自ら撮影した写真をふんだんに掲載した ハワイのB&B(ベッド&ブレックファースト)のガイドブック。

スカイメリカで取り扱っています「ジャカランダ・イン」は、本書の最初(p6)に、 「ホルアロア・イン」も56ページで紹介されています。 また、本書44ページに写真があります「マナゴホテル」もございます。

「B&B Hawaii」 ニック加藤 (Nick Kato)

「誰も知らないハワイ―25年暮らした楽園の素顔」 ニック加藤 (Nick Kato)

誰も知らないハワイ―25年暮らした楽園の素顔

ニック加藤(著), 価格:¥2,940 (税込)

ハワイに渡って25年のニック加藤氏が自ら撮影した写真とエッセイで本当のハワイを紹介するフォトエッセイ。

「誰も知らないハワイ―25年暮らした楽園の素顔」 ニック加藤 (Nick Kato)

「誰も知らないハワイもうひとつ」 ニック加藤 (Nick Kato)

誰も知らないハワイもうひとつ

ニック加藤(著), 価格:¥2,625(税込)

前作「誰も知らないハワイ―25年暮らした楽園の素顔」にさらに磨きをかけてお送りする知られざるハワイのフォトエッセイ第2弾。

「誰も知らないハワイもうひとつ」 ニック加藤 (Nick Kato)

「アンクル・ニックのオアフ島ガイド」 ニック加藤 (Nick Kato)

アンクル・ニックのオアフ島ガイド

ニック加藤(著), 価格:¥1,050(税込)

楽園・ハワイ。中でもオアフ島をちょっとだけマニアックに5コース・5日間で楽しむためのガイドブック。 コースガイドのほか、店のインデックスと読者自身が書き込む地図が用意されている。そのうえアンクル・ニックの楽しいマナーアドバイスと「困ったときの英語」までついている。
「はじめての人でも、これ一冊あれば安心ネ!!」

「アンクル・ニックのオアフ島ガイド」 ニック加藤 (Nick Kato)

「ヘブンリー・イン タヒチ」 ニック加藤 (Nick Kato)

ヘブンリー・イン タヒチ

ニック加藤(著), 価格:¥1,575(税込)

ハワイから南太平洋へ、タヒチの自然の中で発見するあなたの時間…。 画家ゴーギャンが愛した美しい自然、真っ青な海とさわやかな風が奏でる時の中へ。 南太平洋に広がる、タヒチと呼ばれるフレンチポリネシア諸島での自分だけの楽園を探し出す旅のビジュアル・フォト・ガイド。

「ヘブンリー・イン タヒチ」 ニック加藤 (Nick Kato)

「クック諸島とニュージーランドの旅」 ニック加藤 (Nick Kato)

クック諸島とニュージーランドの旅

ニック加藤(著), 価格:¥1,575(税込)

ハワイ発、クック諸島経由、ニュージーランドへ! 最後の楽園クック諸島。気絶するほど美しいブルーラグーン。時が停止したかのような15の群島。 そして、雄大な風景が美しいニュージーランドへ。偶然の出会いに身をまかせ、7500kmの青春ロードをひた走ろう。
クック諸島とニュージーランドの旅の様子を紹介するガイド&フォトブック。

「クック諸島とニュージーランドの旅」 ニック加藤 (Nick Kato)

お薦め ページ




メニュー

ハワイ島 遊覧飛行ツアー

ハワイ島 B&B・ホテル

ハワイ島 不動産情報

ハワイ島 情報・観光ガイド

ブログ(Blog)

その他

関連サイト



ハワイ島での遊覧飛行ツアー・B&Bのスペシャリスト、スカイメリカ
Copyright © 2003,2004 Skymerica Corp. All rights reserved.